こんな方法で「エストロゲン」は増える!?

 

【エストロゲンとは】

 

エストロゲンとは、卵胞から誕生する女性ホルモンの一種。
ちなみに、女性ホルモンは2つあって、毛一つがプロゲステロン(黄体ホルモン)です。

 

この二つのホルモンが存在してこそ、女性特有の身体が作られています。
中でもエストロゲンは、女性らしい緩やかな曲線ボディやふっくらやわ肌、ボリュームのある黒髪、コラーゲンの働きを促進し、透明で美しい肌などを作る作用に優れた女性ホルモンです。

 

さらに注目すべき「バストアップ効果」は、絶大。

 

【エストロゲンの乳腺増殖効果!】

 

エストロゲンには、母乳を作る機能、乳腺の働きを活発にし、増殖させる働きがあります。
乳腺は、脂肪細胞によって、守るように包まれており、これがふっくら柔らかく弾力のあるバストの構成図となります。

 

乳腺1に対し、脂肪細胞9の割合で構成されている為、乳腺が少しでも増えれば、脂肪細胞の量が驚くほど増えることが分かりますよね。
つまり、エストロゲンを卵巣から大量に分泌することさえ可能になれば、バストは自然と大きくなる、というわけです。

 

【エストロゲンって増やせる?】

 

エストロゲンを増やす方法はいろいろとあります。

 

1・外から補う

 

まず、最も有効なのが、外から補うこと。
その一つに植物性エストロゲン、大豆イソフラボンなどがあげられます。

 

植物性エストロゲンは、女性ホルモンと同じ働きをすることが分かっており、摂取することで、バストアップ効果も期待できます。
ただエストロゲンは体内でエクオールという成分に分解されなければ、最大限の効果が得られないので、サプリメントなどで摂取する場合は、「エクオール」を摂りいれるのがおススメ。

 

また医療機関では、エストロゲンに対する「ソイチェック」などの検査もありますので、年齢とともに低下する卵巣ホルモンに対応するためにも、定期的なチェックも必要かもしれません。

 

2・自律神経を整える

 

女性ホルモンの分泌に関わるのが、自律神経。
しかし自律神経は、ストレス、不規則な生活習慣、暴飲暴食などに作用されるため、バランスを崩しやすい神経です。

 

生理不順、PMSがひどい、という方は、自律神経が乱れている可能性が高いため、早めに調整するようにしましょう。
自律神経を整えるには、規則正しい生活習慣の見直しが必要不可欠。

 

また自律神経は、朝陽でスイッチが入り、睡眠でオフになるといわれています。
いかがでしたか?

 

バストアップの鍵を握るエストロゲンは、努力次第で増やすことができます。
しかもエストロゲンが増えると、バストアップ効果だけでなく、美肌、美ボディ、ボリュームのある美髪、計画的な妊娠、など、女性にとって嬉しいメリットばかりです。

 

特に30代以降、エストロゲンの分泌が減少するので、真剣に取り組むのもいいかもしれませんよ。